特定非営利活動法人


宙 塾おおぞらじゅく

===宙塾は、「地域の教育力を活かして社会に役立つ人材を育成する」ことを目的に活動しているNPO法人です===

 

宙塾について

活動の趣旨

地域に密着し学校や行政とも協力し合い、NPOやボランティア組織が地域との掛け橋になって、地元の学校や公民館などを拠点として、地域を子ども達の教育の場とする、新しい地域コミュニティーの構築を目指しています。

奈良から日本のモデルケースに数えられる新しい教育形態を作り出すための取組です。


新しい教育機関=NPO法人が作る地域の学校

家庭、学校とならんで学習塾が子ども達に対して大きな影響力を持つ要素となり、その三者がともに協力して子ども達の成長を見守っていくことの重要性は今や多くの人たちの認識するものとなっています。

しかし、実状として学習塾と学校や行政、地域が協力関係をうまく結べていないのは、学習塾が営利を目的にした教育機関であるということが大きな要因であり、その壁を乗り越えて手を結んでいくには、様々な困難を生じました。しかし、これからは、社会的義務と責任を負う特定非営利活動(NPO)法人としての塾が、従来にない新しい教育機関として、市民の選択肢のひとつに加わります。営利を目的としない組織なので、次のようなことが出来ます。

  1. 土日に体験学習をNPO法人の教育機関が主催し、地域住民と子ども達が触れ合う機会を積極的に作り、学校や公民館と連携して総合学習や生涯学習につなげていく。
  2. 学校と協働で子ども達に対する教育活動を補い合う事ができる。地域で教員としての経験をお持ちの方や、教育者としての資質・能力をお持ちの方にお手伝いいただき、学習時間削減による生徒達の練習不足に対するの補充をボランティアで行う組織作りをする。
  3. 地域の問題点を話し合い、みんなで解決していくため、地域のボランティア・NPO組織と学校との橋渡し役を担い、子ども達や地域住民が積極的に問題解決に関わる機会作りをする。
  4. 地域の地理的・文化的・人的財産を掘り起こし、学校教育や社会教育の中で生徒や地域の皆さんがその価値を再確認し、それを誇りに思い、大切に守り、発展させていこうとする心を育むような教育環境・プログラムを、学校と協力して作り上げていく。
  5. 現在様々な地域で保護者や地域住民の側から、学校の習熟度別授業へのボランティアや、放課後や土日を使っての学習補助などユニークな活動が試みられている。そしてそれらの活動とともに、体験学習をも交え、子ども達の教育を総合的に考えた活動を行う教育機関が各地で出来つつある。そういう団体がまずは任意のボランティア組織として各地で出来てゆき、地域住民の支持を得ることが出たなら、その活動を維持するため、活動資金や人材の安定した確保のため、NPO法人化を検討していけばよい。
  6. PTAはじめ、地域のボランティアが作る組織でもよいし、また学習塾が営利活動を放棄して、NPO法人化してもよい。それがNPO法人としての地域の学校ということになる。そういう教育機関が各地域ごとにできあがっていくと、学校や行政も継続的にそれらの組織と協力体制をとることができる。
  7. NPO法人が作る地域の学校は、従来の詰め込み型、結果重視、効率重視の学習塾とは全く異なり、学校や地域住民の意見・要望によく耳を傾け、本当に学校や地域が望んでいる学校教育の補助として、今までとは全く違った学習補助機関の形を模索していける。
  8. 学校や公民館などを核として、地域そのものを学びの場とし、地域住民とNPO・ボランティア組織とが一体になってみんなで地域の教育やまちづくりを考えていく大きな仕組みを地域の学校と考える。宙塾はそのコーディネート役の教育機関となる事を目指している。各地域(一つあるいは複数の中学校区ごと)にそのような組織が出来上がっていくことが理想である。

                                    宙塾理事長 黒飛 啓


宙(おおぞら)の意味は・・・

宙という字は、宇宙の宇が天を覆うところを意味するのに対し、「宙」は、地の由るところを意味しています。また天と地の間の空間の広がり・・・、過去から未来への無限の時間・・・の意味もあります。